1. 現代に ダイアローグで 呼び覚ます 調和に生きた 古層の記憶 <要点 / この本から得ること> ・ダイアローグ(議論や討論とは違う”対話”)がこれからの時代に非常に大切であることの認識 ・古今東西の思想史…

  2. <要点 / この本から得ること> ・禅や仏教が、俗世に生きる者にもいかに身近に存在し、日本の歴史の中で取り入れられ親しまれてきたかの把握 ・シンプルで心穏やかな生活へ向けてすぐ実践することができ、日々の面倒な物事(…

  3. 無垢の目に 映る星々 キツネとの 友情とおし 井戸を見つける <この本から得られること> ・表面的な物事に囚われている「大人」ではなく、「子ども」の心で分かる本当に大事なものが何か提示されている …

  4. <要点 / この本から得ること> ・(プロローグとエピローグだけ)40代小企業経営者を主人公としたストーリー形式に沿って、大手との競合や営業、リピートに苦労している中、オウンドメディア(=自社メディア)を取り入れたことによ…

  5. こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「立夏」 実感する夏としてはまだ先かもしれませんが、 新緑も生い茂り、暦の上では夏の始まりです。 「立」と書いて「りつ・りっ」と読ませる…

  6. 幕末の 風雲児たち 送り出す 萩に生まれた 大和魂 <要点 / この本から得ること> ・幕末の動乱期の状況と、この時代を席巻した思想(公武合体思想など)の詳細 ・明治維新の立役者たちを育てた稀代の教育…

  7. あてはめる ゲーム化理論 3要素 俯瞰で見れば 万事ワクワク <この本から得られること> ・「目覚めの鐘」「遊び心の剣」など、人生をゲーム化するためのアイテム一覧 ・「敵!小分けの術!」「気軽に変更!」な…

  8. <この本から得られること> ・「伝え方」を学ぶことで人生全体で大きなアドバンテージが得られることの気づきと、「伝わる言葉の作り方」を身につけるためのマインドセット ・お願い事でイエスをもらうための3つのステップ:「自分の頭の中を…

RETURN TOP

アーカイブ