1. 無垢の目に 映る星々 キツネとの 友情とおし 井戸を見つける <この本から得られること> ・表面的な物事に囚われている「大人」ではなく、「子ども」の心で分かる本当に大事なものが何か提示されている …

  2. <要点 / この本から得ること> ・(プロローグとエピローグだけ)40代小企業経営者を主人公としたストーリー形式に沿って、大手との競合や営業、リピートに苦労している中、オウンドメディア(=自社メディア)を取り入れたことによ…

  3. こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「立夏」 実感する夏としてはまだ先かもしれませんが、 新緑も生い茂り、暦の上では夏の始まりです。 「立」と書いて「りつ・りっ」と読ませる…

  4. あてはめる ゲーム化理論 3要素 俯瞰で見れば 万事ワクワク <この本から得られること> ・「目覚めの鐘」「遊び心の剣」など、人生をゲーム化するためのアイテム一覧 ・「敵!小分けの術!」「気軽に変更!」な…

  5. 自然界 「循環」学び 観察し 知恵で畑に 再現させる <要点/この本から得ること> ・無肥料栽培に取り組む際の基礎となる、作物が育つメカニズムの科学的な解説 ・畑の分析や設計管理、各場面での土の作り方…

  6. ビジネスと 社会運動 両輪に 農の地位から 見直し謳う <この本から得られること> ・当時非常に珍しい、運動(社会問題を解決する・社会変革を目指す活動)と経済(ビジネス)の両立を目指す市民運動団体である…

  7. こんばんは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「穀雨」 穀物を成長させる恵みの雨がもたらされる頃です。 読書というものは、 まさに乾いた土に水が染み込むような、 人間にとっては”恵…

  8. 繰り返し 複利を活かす 読書法 著者と共鳴 未知の発見 <要点 / この本から得ること> ・あらゆる速読法のメカニズムの核心「わかろうとせず、音にしないで見る」 ・誰でも、どんな本でも、訓練なしに、記憶も…

RETURN TOP

アーカイブ