カテゴリー:サイエンス

  1. 生物の ヘンな“かたち”に 秘められた 構造読み解き 進化に迫る <要点/この本から得られること> ・様々な生物の生態の事例 ・生物・生命について定義を試みた表現 ・ゲノムなど分子生物学…

  2. 森を出て サルから分かれた サピエンス 未来を信じる 力の源 <要点 / この本から得ること> ・人類がどのように霊長類の中でも独自に進化してきたか、原因や道筋の考察 ・関野氏のグレートジャーニーの動機や経緯…

  3. 生物の 概念溶かす 存在が 進化の初期を 解き明かすカギ <この本から得られること> ・微生物学/ウイルス学の基礎知識と、巨大ウイルスの出版時点最新の知見 ・3ドメイン説[真核生物、アーキア(…

  4. 存在が ”ちゅうぶらりん”の 演算子 描き出すのは 実存へのカギ <この本から得られること> ・シュレーディンガー方程式の基本的かつ様々なパターンの解法 ・数式から読み取れる量子論的な真理の解釈や、この世…

  5. ”いきもの”と ”モノ”との間 行き来する 単細胞に 知性の始原 <この本から得られること> ・イグノーベル賞(※)の授賞式の詳細な様子や、その後の社会的影響などの経緯 ※ノーベル賞のパロディ版で「人…

  6. 水と塩 砂糖と油 深く知り 徐々に取り換え 健康保つ <要点 / この本から得ること> ・長く健康に生きるための、現行の医療や栄養学の不完全さの認識と予防医学や食事の大切さの理解 ・生命活動の基本となる…

  7. 草木の 毒を操り 進化する 生き抜くしくみ ヒトが拝借 <要点/この本から得ること> ・2017年出版時点での植物生理学や遺伝子工学の最先端に近い知見の数々 ・人間から植物を利用するものとしての視点で…

  8. 素粒子と 初期仏教の 研究者 2人が手繰る 世界の姿 <要点/この本から得ること> ・「自由意志」や「意識」、「生きる意味」などは存在するのか?という問いに対する仏教と科学からのそれぞれの見解 ・仏教(…

RETURN TOP

アーカイブ