カテゴリー:思想・宗教・人生観

  1. 御神体 固める・ゆるめる 循環に 生命(いのち)の根源 繋がるワーク <要点/この本から得ること> ・あらゆるものは「物質・粒子(目に見える状態)」と「エネルギー・波動(目に見えない状態)」が循環する仕組みであ…

  2. 森を出て サルから分かれた サピエンス 未来を信じる 力の源 <要点 / この本から得ること> ・人類がどのように霊長類の中でも独自に進化してきたか、原因や道筋の考察 ・関野氏のグレートジャーニーの動機や経緯…

  3. 非線形 ハード・ソフト はざまにて 生じる自律 ”いのち”の胎動 <要点/この本から得られること> ・複雑系理論から生命を考察する様々なシミュレーション研究の結果などから着想した考えを、詩的に表現し…

  4. 凛と立つ イヤシロチなる 台所 向き合う所作に ”ひかり”を宿す <要点/この本から得られること> ・食事を中心とした日常生活で運気が上がる習慣 ・神道にもとづく料理の心構え4つ「清・明・正・…

  5. 透明な 賢治の怒り 昇華させ 菩薩行なす 無私を求めて <この本から得られること> ・仏教用語の「慈悲」に関する多角的な考察と文学的表現 ・『農民芸術概論綱要』の「世界ぜんたいが幸福にならない…

  6. ”ケレケレ”で つながる緩さ 南国の "今"を感じる スローなリズム <この本から得られること> ・フィジー人から学ぶ幸せの4つの習慣[共有、テキトー、現在フォーカス、つながり]と、それが日本の若者にも…

  7. 未来から 定める祈願 言語化し 十二柱の 導き選び <要点 / この書籍から得ること> ・著者の師(北極老人)との出会いのエピソードと、開運や人生の目的について師からの教え ・神社ノート(=北極老人の…

  8. 親友と 天上への旅 途中下車星座の具象 4次元世界 <要点 / この書籍から得られること> ・天体の知識が豊富に散りばめられた、星々から空想される色鮮やかな詩的表現 ・仏教思想の隠喩と、キリスト教的な救済の願いが反映さ…

RETURN TOP

アーカイブ