1. こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「小寒」。 1年の中でも寒さが最も厳しい時期の始まりで、 「寒の入り」となります。 凍てつく大地から若芽が芽吹くものを食べる七草粥で寒さに備え 寒中見舞い…

  2. ”ケレケレ”で つながる緩さ 南国の "今"を感じる スローなリズム <この本から得られること> ・フィジー人から学ぶ幸せの4つの習慣[共有、テキトー、現在フォーカス、つながり]と、それが日本の若者にも…

  3. 未来から 定める祈願 言語化し 十二柱の 導き選び <この本から得られること> ・著者の師(北極老人)との出会いのエピソードと、開運や人生の目的について師からの教え ・神社ノート(=北極老人の書い…

  4. 農村と 都市とをつなぎ 雪印 100株通し 現場を伝え <この本から得られること> ・ラーバン(田舎と都会の合成語)の事例としてドイツの農村の取り組み ・著者が泊まり歩いた日本全国の農山村の様子と…

  5. こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「冬至」。 1年で最も日が短く、太陽の力が弱まる日なのですが、 逆に、この日を境に太陽の力が強まっていく日でもあります。 「一陽来復」ですね。 中国な…

  6. 旅の果て 手間暇かけた BARで得る 昼寝に降りて 見出す幸福 <この本から得られること> ・著者の半生の物語(巨大システムへの疑問を感じる幼少期から、就職した大手小売業、退職しての国内一人旅やピースボ…

  7. こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「大雪」。 山地だけでなく平地でも雪が降り積もり、 熊など多くの動物たちが冬眠の準備に入る頃です。 ちなみに”おおゆき”ではなく、”たいせつ”と読みます。 …

  8. 親友と 天上への旅 途中下車 星座の具象 4次元世界 <この本から得られること> ・天体の知識が豊富に散りばめられた、星々から空想される色鮮やかな詩的表現 ・仏教思想の隠喩と、キリスト教的な救済の…

RETURN TOP