1. 平穏を 保つためだと 流されて 気づく頃には 監視の恐怖 <この本を読んで得られること> ・違和感を持ったとしても、その感覚を封印しようとする心理の傾向があることの認識 ・権威に対して自分の考えを声に出す…

  2. 三国町 自然豊かな 営みを 色彩踊る 絵と文に載せ <この本を読んで得られること> ・少し昔の、もしくは田舎(北陸)にある季節に沿った生活の様子 ・素朴で色鮮やかな絵も相まって想起される農的な暮らしの生命…

  3. こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「立秋」。 現代の日本の気候ではこの時期は暑中の真っ只中でも この日を境に翌日からの挨拶では「残暑」を使うように、 暦の上での秋の始まりです。  …

  4. 取り戻す ”生きる”時間の 喜びを 劇場跡の 少女が駆ける <この本から得られること> ・心に余裕をなくした人間の愚かさ、すなわち現代人への風刺 ・「時間」という不思議な概念の解釈:「時間とは生きるという…

  5. ”いきもの”と ”モノ”との間 行き来する 単細胞に 知性の始原 <この本から得られること> ・イグノーベル賞(※)の授賞式の詳細な様子や、その後の社会的影響などの経緯 ※ノーベル賞のパロディ版で「人…

  6. 「場所」とよぶ 西田・今西 哲学の ”公”感覚を イノベーションへ <この本から得られること> ・創業90年以上の前川製作所グループ(以降「マエカワ」と表記)の4つのイノベーション事例 ■スクリュー型コンプレ…

  7. こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「大暑」。 暑さも真っ盛り、暑中見舞いの時期ですね。 土用の丑の日にも近く、酷暑で体力を落とさないよう ウナギを食べることが推奨される頃でもあります。 ※…

  8. 進化とは 淘汰にあらず 環境と 相互作用で 築く”棲み分け” <この本から得られること> ・ダーウィン進化論とはまったく異なる「今西進化論」の説明 ・人類の進化史の振り返り ・全体論的(ホー…

RETURN TOP