カテゴリー:思想・宗教・人生観

  1. 感性を 子ども時代に 育ませ 不思議見通す 生物ハカセ <要点/この本から得ること> ・分子生物学の基本的な知識のわかりやすい例え話 ・著者2人が子ども時代に出会った「センス・オブ・ワンダー」の追体験 …

  2. 胎内の 記憶に耳を 傾けて 天使のはこぶ たましいの声 <要点/この本から得ること> ・副題『「胎内記憶」からの88のメッセージ』のとおり、様々な胎内記憶の事例 ・出産時の赤ちゃんの記憶から、幸せな出…

  3. 旅の果て 手間暇かけた BARで得る 昼寝に降りて 見出す幸福 <要点 / この本から得ること> ・著者の半生の物語(巨大システムへの疑問を感じる幼少期から、就職した大手小売業、退職しての国内一人旅やピース…

  4. 生と死の 粘菌に見る 不可思議も 神なる森を 切りゆく日本 <要点 / この本から得ること> ・書簡集とその解題(現代語での解説)により紐解かれる、世界的天才/奇才南方熊楠の思想の原点 ・粘菌の生態の…

  5. <要点 / この本から得ること> ・禅や仏教が、俗世に生きる者にもいかに身近に存在し、日本の歴史の中で取り入れられ親しまれてきたかの把握 ・シンプルで心穏やかな生活へ向けてすぐ実践することができ、日々の面倒な物…

  6. 観音が シャーリプトラに 語りかけ 空性で説く 智慧の心髄 <要点 / この本から得ること> ・現代科学にも照らし合わせた『般若心経(大本)』の軽妙洒脱な文体での詳細な解説と、それに準じた『般若心経(小本)…

  7. 透明な 賢治の怒り 昇華させ 菩薩行なす 無私を求めて <要点 / この本から得ること> ・仏教用語の「慈悲」に関する多角的な考察と文学的表現 ・『農民芸術概論綱要』の「世界ぜんたいが幸福にならないう…

  8. 永遠の 神への愛を 解き明かす 自動証明 機械に委ね <要点 / この本から得ること> ・「神は自然である」を唱えた、17世紀を代表する哲学者であるスピノザの人となり ・スピノザの主著『エチカ』や『知性改…

RETURN TOP

アーカイブ