カテゴリー:思想・宗教・人生観

  1. 揺れ立ちて 時空にたゆたう 水柱 多層がうたう いのちのリズム <要点/この本から得ること> ・樹木を始め生命を見る際の思考のスケールが宇宙レベルにまで拡張させられる ・対象の持つ美しさを最大限引き出…

  2. 飄々と 世界を視る眼 すり合わせ ”好き”を貫く 手業師ふたり <要点/この本から得ること> ・宮崎駿氏の描く理想の町のイメージ絵 ・『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』の製作に際する思考の変遷や経緯 …

  3. 還元と 決定論さえ 破綻する カオスの発見 パラダイムシフト <要点/この本から得ること> ・ギリシャ時代から複雑系の誕生に至る現在までの、科学の発展のおおまかな歩み ・「生命」についての考察(自律・…

  4. 萃点に ”まわりあわせ”て 粘菌と 民俗学を 結ぶ曼荼羅 <要点 / この本から得ること> ・南方熊楠の思想活動を4つのテーマに大別した包括的な把握 一:大乗仏教を根幹とする、ヨーロッパとアジアとの学問の…

  5. 万物は 構造・機能 相即し 「認識」のもと 種社会が成る <要点 / この本から得ること> ・豊富な生態系実地調査の経験をもつ生物学者による「生物とは何か」という根源的な思索の過程 ・観察と思索の結果…

  6. 親友と 天上への旅 途中下車 星座の具象 4次元世界 <要点 / この書籍から得ること> ・天体の知識が豊富に散りばめられた、星々から空想される色鮮やかな詩的表現 ・仏教思想の隠喩と、キリスト教的な救済の願いが反映…

RETURN TOP

アーカイブ