タグ:東洋思想

  1. 人の道 美醜見極め 立つ境地 妙理に倣う 農と生き方 <この本から得られること> ・日本を代表する自然農の大家:川口由一氏のこれまでの歩みを、幼少時から青年期を通して現在に至るまで ・自然農とはどういうも…

  2. 世界中 ”深友”の夢 伴いて 極端人の 浮世の間 <この本から得られること> ・熊楠の波瀾万丈の人生をひと通りほぼ時系列でつかめる ・出版時点(2015年)の最新の熊楠研究の総まとめ ・「東洋と西洋…

  3. 認識に 脳の錯覚 脱却し ”ひとつ”が示す 真理の姿 <要点 / この本から得ること> ・古今東西、あらゆる宗教や、覚者、哲学、最先端の科学(量子力学や統一理論など)が求めてきた宇宙の真理を、「0 = ∞ = 1」とい…

  4. 素粒子と 初期仏教の 研究者 2人が手繰る 世界の姿 <要点/この本から得ること> ・「自由意志」や「意識」、「生きる意味」などは存在するのか?という問いに対する仏教と科学からのそれぞれの見解 ・仏教(…

  5. "箸"渡し 神事に見立て いただきます エネルギー満つ "ひかり"のごはん <要点 / この書籍から得られること> ・食材、作法などへ丁寧に向き合うことの大切さの認識 ・香り、電磁波、水などに気をつけ、浄…

  6. 無農薬 無化学肥料 基本には 陰陽理論と 千島学説 <要点 / この本から得ること> ・無農薬・無化学肥料の農法の伝道者として日本を代表する一人である著者の、現在の活動に至ったきっかけとなるエピソード(臨死…

  7. 密教の 日本アレンジ クリエイター 残す至言の 現代語訳 <要点 / この本から得ること> ・仏教における密教の位置づけの把握と、世界宗教と比較しての大乗仏教の本質の理解 ・空海が日本で為した実績 ・空海の残…

  8. 人類の 思想のマグマ 辿る旅 生きる驚き 求め奔走 <要点 / この本から得ること> ・古今東西の思想史の流れ(誰が誰の影響下か)の、表層(有名なもの)と地層(認識されにくいが実は大きな影響力があるもの)の…

RETURN TOP

アーカイブ