タグ:東洋思想

  1. 若き才 時代に集い 挑み立つ 不思議不可思議 ミクロの世界 <要点 / この書籍から得ること> ・数式をほぼ用いずに量子論の描く世界を概観できる ・20世紀の物理学の革命の歴史を、著名な学者名や実験…

  2. そもそもの 構造とらえ 農業を ”やりたいやつ”の 多層なるべし <要点 / この書籍から得ること> ・「農業問題」と「農家自身の問題」は別モノ、という議論の出発点 ・多くの地域や活動する人々を紹…

  3. 分解し 再構築は 不可能と 見抜く直観 導く数理 <要点 / この書籍から得ること> ・オイラーの公式やフーリエ変換などいくつかの重要な分野の大学履修レベル数学を、直観的に理解するプロセスを解説され、その数…

  4. 幕末の 風雲児たち 送り出す 萩に生まれた 大和魂 <要点 / この本から得ること> ・幕末の動乱期の状況と、この時代を席巻した思想(公武合体思想など)の詳細 ・明治維新の立役者たちを育てた稀代の教育…

  5. 萃点に ”まわりあわせ”て 粘菌と 民俗学を 結ぶ曼荼羅 <要点 / この本から得ること> ・南方熊楠の思想活動を4つのテーマに大別した包括的な把握 一:大乗仏教を根幹とする、ヨーロッパとアジアとの学問の…

  6. 進化とは 淘汰にあらず 環境と 相互作用で 築く”棲み分け” <要点 / この本から得ること> ・ダーウィン進化論とはまったく異なる「今西進化論」の説明 ・人類の進化史の振り返り ・全体論的(ホ…

  7. 万物は 構造・機能 相即し 「認識」のもと 種社会が成る <要点 / この本から得ること> ・豊富な生態系実地調査の経験をもつ生物学者による「生物とは何か」という根源的な思索の過程 ・観察と思索の結果…

  8. 親友と 天上への旅 途中下車 星座の具象 4次元世界 <要点 / この書籍から得ること> ・天体の知識が豊富に散りばめられた、星々から空想される色鮮やかな詩的表現 ・仏教思想の隠喩と、キリスト教的な救済…

RETURN TOP

アーカイブ