カテゴリー:農・エコロジー

  1. 無農薬 無化学肥料 基本には 陰陽理論と 千島学説 <要点 / この本から得ること> ・無農薬・無化学肥料の農法の伝道者として日本を代表する一人である著者の、現在の活動に至ったきっかけとなるエピソード(臨死…

  2. 村おこし 田舎館から 世界へと 稲穂彩る 誇りと技術 <要点/この本から得ること> ・田んぼアートが生まれた経緯と、毎年何万人もの人が訪れ、2014年には天皇皇后両陛下が行幸するまでになったストーリー ・…

  3. 無機有機 複雑多様に 絡み合い 地中に煌めく ミクロの銀河 <要点 / この本から得ること> ・土壌の成り立ちと構造から、土壌微生物の種類や構成の基本知識 ・土壌微生物や、ミミズなどの土壌動物を中心と…

  4. グローカル 社会企業の さきがけは 大地に根差す おいしい野菜 <要点 / この本から得ること> ・「ソーシャルビジネス・社会的起業」をするとは具体的にどういうことか、大地を守る会という1つの事例 ・…

  5. 旅の果て 手間暇かけた BARで得る 昼寝に降りて 見出す幸福 <要点 / この本から得ること> ・著者の半生の物語(巨大システムへの疑問を感じる幼少期から、就職した大手小売業、退職しての国内一人旅やピース…

  6. 週末は 市民農園 お手軽に 別荘気分は クラインガルテン <要点 / この本から得ること> ・首都圏から通いやすい市民農園(=レンタルファーム)とクラインガルテンの詳細や、都内の体験農園ができる自治体のリス…

  7. 巡りゆく 稲作民の 原風景 人と自然の 織りなす芸術 <要点 / この書籍から得ること> ・日本の四季折々の棚田の情景や、韓国、中国(雲南省など少数民族)、ベトナム、フィリピン、インドネシア、イラン、マダガ…

  8. 揺れ立ちて 時空にたゆたう 水柱 多層がうたう いのちのリズム <要点/この本から得ること> ・樹木を始め生命を見る際の思考のスケールが宇宙レベルにまで拡張させられる ・対象の持つ美しさを最大限引き出…

RETURN TOP

アーカイブ