カテゴリー:農・エコロジー

  1. 世界中 ”深友”の夢 伴いて 極端人の 浮世の間 <要点 / この本から得ること> ・熊楠の波瀾万丈の人生をひと通りほぼ時系列でつかめる ・出版時点(2015年)の最新の熊楠研究の総まとめ ・「…

  2. グローカル 社会企業の さきがけは 大地に根差す おいしい野菜 <要点 / この本から得ること> ・「ソーシャルビジネス・社会的起業」をするとは具体的にどういうことか、大地を守る会という1つの事例 ・…

  3. 旅の果て 手間暇かけた BARで得る 昼寝に降りて 見出す幸福 <要点 / この本から得ること> ・著者の半生の物語(巨大システムへの疑問を感じる幼少期から、就職した大手小売業、退職しての国内一人旅やピース…

  4. 生と死の 粘菌に見る 不可思議も 神なる森を 切りゆく日本 <要点 / この本から得ること> ・書簡集とその解題(現代語での解説)により紐解かれる、世界的天才/奇才南方熊楠の思想の原点 ・粘菌の生態の…

  5. 週末は 市民農園 お手軽に 別荘気分は クラインガルテン <要点 / この本から得ること> ・首都圏から通いやすい市民農園(=レンタルファーム)とクラインガルテンの詳細や、都内の体験農園ができる自治体のリス…

  6. 巡りゆく 稲作民の 原風景 人と自然の 織りなす芸術 <要点 / この書籍から得ること> ・日本の四季折々の棚田の情景や、韓国、中国(雲南省など少数民族)、ベトナム、フィリピン、インドネシア、イラン、マダガ…

  7. 透明な 賢治の怒り 昇華させ 菩薩行なす 無私を求めて <要点 / この本から得ること> ・仏教用語の「慈悲」に関する多角的な考察と文学的表現 ・『農民芸術概論綱要』の「世界ぜんたいが幸福にならないう…

  8. 揺れ立ちて 時空にたゆたう 水柱 多層がうたう いのちのリズム <要点/この本から得ること> ・樹木を始め生命を見る際の思考のスケールが宇宙レベルにまで拡張させられる ・対象の持つ美しさを最大限引き出…

RETURN TOP

アーカイブ