カテゴリー:農・エコロジー

  1. 萃点に ”まわりあわせ”て 粘菌と 民俗学を 結ぶ曼荼羅 <この本から得られること> ・南方熊楠の思想活動を4つのテーマに大別した包括的な把握 一:大乗仏教を根幹とする、ヨーロッパとアジアとの学問の出会いと対…

  2. 自然界 「循環」学び 観察し 知恵で畑に 再現させる <要点/この本から得ること> ・無肥料栽培に取り組む際の基礎となる、作物が育つメカニズムの科学的な解説 ・畑の分析や設計管理、各場面での土の作り方…

  3. ビジネスと 社会運動 両輪に 農の地位から 見直し謳う <この本から得られること> ・当時非常に珍しい、運動(社会問題を解決する・社会変革を目指す活動)と経済(ビジネス)の両立を目指す市民運動団体である…

  4. 人の道 美醜見極め 立つ境地 妙理に倣う 農と生き方 <この本から得られること> ・日本を代表する自然農の大家:川口由一氏のこれまでの歩みを、幼少時から青年期を通して現在に至るまで ・自然農とはどういうも…

  5. 世界中 ”深友”の夢 伴いて 極端人の 浮世の間 <この本から得られること> ・熊楠の波瀾万丈の人生をひと通りほぼ時系列でつかめる ・出版時点(2015年)の最新の熊楠研究の総まとめ ・「東洋と西洋…

  6. 背負い立つ ロゴマークとは 旗印 農業界に 吹き込む新風 <この本を読から得られること> ・「デザインロゴによるブランディング」という農業の世界にはなかった手法を持ち込む新進気鋭の会社の思想と、全国の農…

  7. 平和への 社会運動 原点に 昭和の岩手 母のぬくもり <この本から得られること> ・昭和30年代の岩手県の農村地帯の生活風景と、母を始め家族や近所の人々との関わりの美しさ ・環境問題や社会問題の解…

  8. 幻想の 消費構造 抜け出して 人間らしく 生きる選択 <要点 / この本から得ること> ・人生や経済に対しての俯瞰的な高い視点、かつ、安定した足場からの思考法 ・「常識」にとらわれない発想の転換が提示さ…

RETURN TOP

アーカイブ