タグ:幸福

  1. 平和への 社会運動 原点に 昭和の岩手 母のぬくもり <この本から得られること> ・昭和30年代の岩手県の農村地帯の生活風景と、母を始め家族や近所の人々との関わりの美しさ ・環境問題や社会問題の解…

  2. <この本から得られること> ・10歳なりの少年の視点と考え方を、率直で洗練もされている文章表現 ・日本の教育にしくみについて、考えさせられるきっかけ <こんな本> 「10歳の男の子…

  3. 認識に 脳の錯覚 脱却し ”ひとつ”が示す 真理の姿 <要点 / この本から得ること> ・古今東西、あらゆる宗教や、覚者、哲学、最先端の科学(量子力学や統一理論など)が求めてきた宇宙の真理を、「0 = ∞ = 1」とい…

  4. 素粒子と 初期仏教の 研究者 2人が手繰る 世界の姿 <要点/この本から得ること> ・「自由意志」や「意識」、「生きる意味」などは存在するのか?という問いに対する仏教と科学からのそれぞれの見解 ・仏教(…

  5. 幻想の 消費構造 抜け出して 人間らしく 生きる選択 <要点 / この本から得ること> ・人生や経済に対しての俯瞰的な高い視点、かつ、安定した足場からの思考法 ・「常識」にとらわれない発想の転換が提示さ…

  6. "箸"渡し 神事に見立て いただきます エネルギー満つ "ひかり"のごはん <要点 / この書籍から得られること> ・食材、作法などへ丁寧に向き合うことの大切さの認識 ・香り、電磁波、水などに気をつけ、浄…

  7. 無農薬 無化学肥料 基本には 陰陽理論と 千島学説 <要点 / この本から得ること> ・無農薬・無化学肥料の農法の伝道者として日本を代表する一人である著者の、現在の活動に至ったきっかけとなるエピソード(臨死…

  8. 人類の 思想のマグマ 辿る旅 生きる驚き 求め奔走 <要点 / この本から得ること> ・古今東西の思想史の流れ(誰が誰の影響下か)の、表層(有名なもの)と地層(認識されにくいが実は大きな影響力があるもの)の…

RETURN TOP

アーカイブ