タグ:社会

  1. 分解し 再構築は 不可能と 見抜く直観 導く数理 <この本から得られること> ・オイラーの公式やフーリエ変換などいくつかの重要な分野の大学履修レベル数学を、直観的に理解するプロセスを解説され、その数式や…

  2. 人類の 危機乗り越える ポテンシャル 認識させる 文明・技術 <この本から得られること> ・地球全体の環境問題など人類が抱える危機状況に対しても、前向きになれるような逆転の発想・複眼的な視点の持ち方(よ…

  3. 幻想の 消費構造 抜け出して 人間らしく 生きる選択 <この本から得られること> ・人生や経済に対しての俯瞰的な高い視点、かつ、安定した足場からの思考法 ・「常識」にとらわれない発想の転換が提示され、モノ…

  4. 平和への 社会運動 原点に 昭和の岩手 母のぬくもり <この本から得られること> ・昭和30年代の岩手県の農村地帯の生活風景と、母を始め家族や近所の人々との関わりの美しさ ・環境問題や社会問題の解…

  5. 生と死の 粘菌に見る 不可思議も 神なる森を 切りゆく日本 <この本から得られること> ・書簡集とその解題(現代語での解説)により紐解かれる、世界的天才/奇才南方熊楠の思想の原点 ・粘菌の生態の不思議さや…

  6. <この本から得られること> ・日本のサラリーマンは時代によって勝ち方が変わる(すなわち昭和と違って現代は「サラリーマンという金融商品(投資とリターンを計算できるもの)」が変わっている)ことの数値による気づき ・本気で稼ご…

  7. <この本から得られること> ・10歳なりの少年の視点と考え方を、率直で洗練もされている文章表現 ・日本の教育にしくみについて、考えさせられるきっかけ <こんな本> 「10歳の男の子…

  8. <この本から得られること> ・クリスチャン(=著者の遠藤周作と主人公のロドリゴ)の信仰心の厚さを実感する。 ・報告書形式から始まり、途中から第3者視点での描写となる流れから、主人公に感情移入し、その時代の世界観にリアルに…

RETURN TOP