タグ:社会

  1. 農村と 都市とをつなぎ 雪印 100株通し 現場を伝え <この本から得られること> ・ラーバン(田舎と都会の合成語)の事例としてドイツの農村の取り組み ・著者が泊まり歩いた日本全国の農山村の様子と…

  2. 世界中 人を繋げる ツールから 生命論的 社会変革 <要点 / この本から得ること> ・インターネットが普及してきた時代の新たな社会や個人の活動スタイルの提示 ・Zoomのマニュアルや、Skype/U…

  3. <この本から得られること> ・若くして華々しく脚光を浴びている有名女性ブロガーの、背伸びしていることも自覚した上で年齢相応の赤裸々に吐露された心情に触れられる。 ・同年代(2〜30代)の悩み多き若者にとって、伴走者となるような勇…

  4. 人・自然 境界に見る 転換は 十四、五世紀 動乱の果て <要点 / この本から得ること> ・現在の日本人のベースとなる精神が、十四世紀頃を境にまったく変容してしまった事例や理由の分析 ・えた非人など差…

  5. 三国町 自然豊かな 営みを 色彩踊る 絵と文に載せ <この本を読んで得られること> ・少し昔の、もしくは田舎(北陸)にある季節に沿った生活の様子 ・素朴で色鮮やかな絵も相まって想起される農的な暮らしの生命…

  6. 無垢の目に 映る星々 キツネとの 友情とおし 井戸を見つける <この本から得られること> ・表面的な物事に囚われている「大人」ではなく、「子ども」の心で分かる本当に大事なものが何か提示されている …

  7. ビジネスと 社会運動 両輪に 農の地位から 見直し謳う <この本から得られること> ・当時非常に珍しい、運動(社会問題を解決する・社会変革を目指す活動)と経済(ビジネス)の両立を目指す市民運動団体である…

  8. 人の道 美醜見極め 立つ境地 妙理に倣う 農と生き方 <この本から得られること> ・日本を代表する自然農の大家:川口由一氏のこれまでの歩みを、幼少時から青年期を通して現在に至るまで ・自然農とはどういうも…

RETURN TOP

アーカイブ