タグ:農業

  1. 透明な 賢治の怒り 昇華させ 菩薩行なす 無私を求めて <要点 / この書籍から得ること> ・仏教用語の「慈悲」に関する多角的な考察と文学的表現 ・『農民芸術概論綱要』の「世界ぜんたいが幸福にならない…

  2. 揺れ立ちて 時空にたゆたう 水柱 多層がうたう いのちのリズム <要点 / この書籍から得ること> ・樹木を始め生命を見る際の思考のスケールが宇宙レベルにまで拡張させられる ・対象の持つ美しさを最大限…

  3. 農村と 都市とをつなぎ 雪印 100株通し 現場を伝え <要点 / この本から得ること> ・ラーバン(田舎と都会の合成語)の事例としてドイツの農村の取り組み ・著者が泊まり歩いた日本全国の農山村の様子…

  4. 子どもたち 命とふれあい 自立して 生きる力を 育む暮らし <要点 / この本から得ること> ・自然・動物との関わりや農村風景などの絵を描くかのような文章描写 ・教育委員会から見えた学校教育の現場の実…

  5. そもそもの 構造とらえ 農業を ”やりたいやつ”の 多層なるべし <要点 / この書籍から得ること> ・「農業問題」と「農家自身の問題」は別モノ、という議論の出発点 ・多くの地域や活動する人々を紹…

  6. ビジネスと 社会運動 両輪に 農の地位から 見直し謳う <要点 / この書籍から得ること> ・当時非常に珍しい、運動(社会問題を解決する・社会変革を目指す活動)と経済(ビジネス)の両立を目指す市民運動団体で…

  7. 人・自然 境界に見る 転換は 十四、五世紀 動乱の果て <要点 / この書籍から得ること> ・現在の日本人のベースとなる精神が、十四世紀頃を境にまったく変容してしまった事例や理由の分析 ・えた非人など…

RETURN TOP

アーカイブ