1. ”もったいない” 心理を合理で 払拭し 断捨離時代 幕開けの技 <要点 / この書籍から得ること> ・モノを捨てるための個別具体的な手法と、生活全般に行き届いたテクニック、リサイクルや売るための具体的な方法…

  2. 平穏を 保つためだと 流されて 気づく頃には 監視の恐怖 <要点 / この本から得ること> ・違和感を持ったとしても、その感覚を封印しようとする心理の傾向があることの認識 ・権威に対して自分の考えを声に…

  3. そもそもの 構造とらえ 農業を ”やりたいやつ”の 多層なるべし <要点 / この書籍から得ること> ・「農業問題」と「農家自身の問題」は別モノ、という議論の出発点 ・多くの地域や活動する人々を紹…

  4. 還元と 決定論さえ 破綻する カオスの発見 パラダイムシフト <要点/この本から得ること> ・ギリシャ時代から複雑系の誕生に至る現在までの、科学の発展のおおまかな歩み ・「生命」についての考察(自律・…

  5. 分解し 再構築は 不可能と 見抜く直観 導く数理 <要点 / この書籍から得ること> ・オイラーの公式やフーリエ変換などいくつかの重要な分野の大学履修レベル数学を、直観的に理解するプロセスを解説され、その数…

  6. 進化とは 淘汰にあらず 環境と 相互作用で 築く”棲み分け” <要点 / この本から得ること> ・ダーウィン進化論とはまったく異なる「今西進化論」の説明 ・人類の進化史の振り返り ・全体論的(ホ…

  7. 万物は 構造・機能 相即し 「認識」のもと 種社会が成る <要点/この本から得ること> ・豊富な生態系実地調査の経験をもつ生物学者による「生物とは何か」という根源的な思索の過程 ・観察と思索の結果とし…

RETURN TOP

アーカイブ