タグ:農業

  1. 村おこし 田舎館から 世界へと 稲穂彩る 誇りと技術 <要点/この本から得られること> ・田んぼアートが生まれた経緯と、毎年何万人もの人が訪れ、2014年には天皇皇后両陛下が行幸するまでになったスト…

  2. 新しい 都市空間の 里山は 有形無形 コミュニティ資産 <要点/この本から得られること> ・主に東京における都市農業に関する事業の紹介多数 ・都市農業振興基本計画にまつわる農政・市街化の歴史的…

  3. 週末は 市民農園 お手軽に 別荘気分は クラインガルテン <要点/この本から得られること> ・首都圏から通いやすい市民農園(=レンタルファーム)とクラインガルテンの詳細や、都内の体験農園ができる自治…

  4. "箸"渡し 神事に見立て いただきます エネルギー満つ "ひかり"のごはん <要点/この本から得られること> ・食材、作法などへ丁寧に向き合うことの大切さの認識 ・香り、電磁波、水などに気をつ…

  5. 無機有機 複雑多様に 絡み合い 地中に煌めく ミクロの銀河 <要点/この本から得られること> ・土壌の成り立ちと構造から、土壌微生物の種類や構成の基本知識 ・土壌微生物や、ミミズなどの土壌動物…

  6. 巡りゆく 稲作民の 原風景 人と自然の 織りなす芸術 <要点/この本から得られること> ・日本の四季折々の棚田の情景や、韓国、中国(雲南省など少数民族)、ベトナム、フィリピン、インドネシア、イラン、…

  7. 透明な 賢治の怒り 昇華させ 菩薩行なす 無私を求めて <この本から得られること> ・仏教用語の「慈悲」に関する多角的な考察と文学的表現 ・『農民芸術概論綱要』の「世界ぜんたいが幸福にならない…

  8. 農村と 都市とをつなぎ 雪印 100株通し 現場を伝え <この本から得られること> ・ラーバン(田舎と都会の合成語)の事例としてドイツの農村の取り組み ・著者が泊まり歩いた日本全国の農山村の様子と…

RETURN TOP