タグ:社会

  1. 三国町 自然豊かな 営みを 色彩踊る 絵と文に載せ <この本を読んで得られること> ・少し昔の、もしくは田舎(北陸)にある季節に沿った生活の様子 ・素朴で色鮮やかな絵も相まって想起される農的な暮らしの生命…

  2. 「場所」とよぶ 西田・今西 哲学の ”公”感覚を イノベーションへ <この本から得られること> ・創業90年以上の前川製作所グループ(以降「マエカワ」と表記)の4つのイノベーション事例 ■スクリュー型コンプレ…

  3. 山を越え ”具体”を駆けた 今太閤 『列島改造』 黒く散りゆく <この本から得られること> ・農村出身で小学校卒の男が首相にまで上り転落するまでの全ての詳細な過程 ・角栄の若い時の経験に基づく実践的な思考…

  4. 現代に ダイアローグで 呼び覚ます 調和に生きた 古層の記憶 <この本から得られること> ・ダイアローグ(議論や討論とは違う”対話”)がこれからの時代に非常に大切であることの認識 ・古今東西の思想…

  5. 無垢の目に 映る星々 キツネとの 友情とおし 井戸を見つける <この本から得られること> ・表面的な物事に囚われている「大人」ではなく、「子ども」の心で分かる本当に大事なものが何か提示されている …

  6. 幕末の 風雲児たち 送り出す 萩に生まれた 大和魂 <この本から得られること> ・幕末の動乱期の状況と、この時代を席巻した思想(公武合体思想など)の詳細 ・明治維新の立役者たちを育てた稀代の教育家であり非…

  7. ビジネスと 社会運動 両輪に 農の地位から 見直し謳う <この本から得られること> ・当時非常に珍しい、運動(社会問題を解決する・社会変革を目指す活動)と経済(ビジネス)の両立を目指す市民運動団体である…

  8. そもそもの 構造とらえ 農業を ”やりたいやつ”の 多層なるべし <この本から得られること> ・「農業問題」と「農家自身の問題」は別モノ、という議論の出発点 ・多くの地域や活動する人々を紹介し、多層に…

RETURN TOP