タグ:歴史

  1. 意思のある 「知的な空気」 神さまは 創造された 集合意識 <この本から得られること> ・神さまに伝わる「スキマの法則」の祈り方(①住所氏名を伝える②神社にお参りできたことへの感謝・願い事を一つ③祝詞「はらいた…

  2. 飄々と 世界を視る眼 すり合わせ ”好き”を貫く 手業師ふたり  <この本から得られること> ・宮崎駿氏の描く理想の町のイメージ絵 ・『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』の製作に際する思考の変遷や経緯 …

  3. 観音が シャーリプトラに 語りかけ 空性で説く 智慧の心髄 <この本から得られること> ・現代科学にも照らし合わせた『般若心経(大本)』の軽妙洒脱な文体での詳細な解説と、それに準じた『般若心経(小本)』…

  4. 人・自然 境界に見る 転換は 十四、五世紀 動乱の果て  <この本から得られること> ・現在の日本人のベースとなる精神が、十四世紀頃を境にまったく変容してしまった事例や理由分析 ・えた・非人など差別の対象…

  5. 山を越え ”具体”を駆けた 今太閤 『列島改造』 黒く散りゆく <この本から得られること> ・農村出身で小学校卒の男が首相にまで上り転落するまでの全ての詳細な過程 ・角栄の若い時の経験に基づく実践的な思考…

  6. 繁栄を 築いた民の 物語る 古今東西 変わらぬ叡智 <この本から得られること> ・紀元前3000年の古代都市の情景が目の前に浮かび上がるような人間ドラマ ・黄金の七つの知恵 ■財布を太らせることから始め…

  7. 密教の 日本アレンジ クリエイター 残す至言の 現代語訳 <この本から得られること> ・仏教における密教の位置づけの把握と、世界宗教と比較しての大乗仏教の本質の理解 ・空海が日本で為した実績 ・空海…

  8. 萃点に ”まわりあわせ”て 粘菌と 民俗学を 結ぶ曼荼羅 <この本から得られること> ・南方熊楠の思想活動を4つのテーマに大別した包括的な把握 一:大乗仏教を根幹とする、ヨーロッパとアジアとの学問の出会いと対…

RETURN TOP