タグ:対談

  1. 感性を 子ども時代に 育ませ 不思議見通す 生物ハカセ <要点/この本から得られること> ・分子生物学の基本的な知識のわかりやすい例え話 ・著者2人が子ども時代に出会った「センス・オブ・ワンダ…

  2. 巡りゆく 稲作民の 原風景 人と自然の 織りなす芸術 <要点/この本から得られること> ・日本の四季折々の棚田の情景や、韓国、中国(雲南省など少数民族)、ベトナム、フィリピン、インドネシア、イラン、…

  3. 未来への 知的資本を 生み出す場 多様につながり 起こす創発 <要点/この本から得られること> ・新しい未来を創る最善の方法(あるテーマに関心のある人を集め、好奇心、経緯、友情を分かち合いながら…

  4. 飄々と 世界を視る眼 すり合わせ ”好き”を貫く 手業師ふたり  <この本から得られること> ・宮崎駿氏の描く理想の町のイメージ絵 ・『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』の製作に際する思考の変遷や経緯 …

  5. 素粒子と 初期仏教の 研究者 2人が手繰る 世界の姿 <この本から得られること> ・「自由意志」や「意識」、「生きる意味」などは存在するのか?という問いに対する仏教と科学からのそれぞれの見解 ・仏教(厳密…

  6. 日本こそ タックスヘブンと 気付かせる 税のプロたち 三者トーク <この本から得られること> ・国税の情報力と税務調査官の能力の凄まじさへの認識 ・経費計上できるかどうかの具体的場面について、国…

  7. 現代に ダイアローグで 呼び覚ます 調和に生きた 古層の記憶 <この本から得られること> ・ダイアローグ(議論や討論とは違う”対話”)がこれからの時代に非常に大切であることの認識 ・古今東西の思想…

  8. 認識に 脳の錯覚 脱却し ”ひとつ”が示す 真理の姿 <この本から得られること> ・古今東西、あらゆる宗教や、覚者、哲学、最先端の科学(量子力学や統一理論など)が求めてきた宇宙の真理を、「0 = ∞ =…

RETURN TOP