タグ:ライフスタイル

  1. ときめくか 主観・感情 基準にし こんまり流の 『捨てる!技術』 <この本から得られること> ・これまでの整理整頓の常識から発想の転換を提示し、2度と散らかった状態に戻らない片づけ・収納法の数々 …

  2. 現代に ダイアローグで 呼び覚ます 調和に生きた 古層の記憶 <この本から得られること> ・ダイアローグ(議論や討論とは違う”対話”)がこれからの時代に非常に大切であることの認識 ・古今東西の思想…

  3. <この本から得られること> ・禅や仏教が、俗世に生きる者にもいかに身近に存在し、日本の歴史の中で取り入れられ親しまれてきたかの把握 ・シンプルで心穏やかな生活へ向けてすぐ実践することができ、日々の面倒な物事(特に人間関…

  4. そもそもの 構造とらえ 農業を ”やりたいやつ”の 多層なるべし <この本から得られること> ・「農業問題」と「農家自身の問題」は別モノ、という議論の出発点 ・多くの地域や活動する人々を紹介し、多層に…

  5. 水と塩 砂糖と油 深く知り 徐々に取り換え 健康保つ <この本を読んで得られること3選> ・長く健康に生きるための、現行の医療や栄養学の不完全さの認識と予防医学や食事の大切さの理解 ・生命活動の基本となる…

  6. 平和への 社会運動 原点に 昭和の岩手 母のぬくもり <この本から得られること> ・昭和30年代の岩手県の農村地帯の生活風景と、母を始め家族や近所の人々との関わりの美しさ ・環境問題や社会問題の解…

  7. 認識に 脳の錯覚 脱却し ”ひとつ”が示す 真理の姿 <この本から得られること> ・古今東西、あらゆる宗教や、覚者、哲学、最先端の科学(量子力学や統一理論など)が求めてきた宇宙の真理を、「0 = ∞ =…

RETURN TOP