1. 越境し 見つけた真の 美しさ 立場主義から 脱却を期す <この本を読んで得られること3選> ・男性から女性へと変わっていく過程とその心境 ・日本社会を覆う、現憲法よりも優先される「立場主義」(以下3条)か…

  2. <この本から得られること> ・若くして華々しく脚光を浴びている有名女性ブロガーの、背伸びしていることも自覚した上で年齢相応の赤裸々に吐露された心情に触れられる。 ・同年代(2〜30代)の悩み多き若者にとって、伴走者となるような勇…

  3. こんばんは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「処暑」。 暑さも緩み、秋の訪れを迎える頃となります。 (昼間は全国的に猛暑ではありましたが・・汗) 処暑の「処」の字は、 ”処理”や”処置”という用法に…

  4. 人・自然 境界に見る 転換は 十四、五世紀 動乱の果て  <この本から得られること> ・現在の日本人のベースとなる精神が、十四世紀頃を境にまったく変容してしまった事例や理由分析 ・えた・非人など差別の対象…

  5. 平穏を 保つためだと 流されて 気づく頃には 監視の恐怖 <この本を読んで得られること> ・違和感を持ったとしても、その感覚を封印しようとする心理の傾向があることの認識 ・権威に対して自分の考えを声に出す…

  6. 三国町 自然豊かな 営みを 色彩踊る 絵と文に載せ <この本を読んで得られること> ・少し昔の、もしくは田舎(北陸)にある季節に沿った生活の様子 ・素朴で色鮮やかな絵も相まって想起される農的な暮らしの生命…

  7. こんにちは。 ブリッジライターNAOです。 本日は二十四節気の「立秋」。 現代の日本の気候ではこの時期は暑中の真っ只中でも この日を境に翌日からの挨拶では「残暑」を使うように、 暦の上での秋の始まりです。  …

  8. 取り戻す ”生きる”時間の 喜びを 劇場跡の 少女が駆ける <この本から得られること> ・心に余裕をなくした人間の愚かさ、すなわち現代人への風刺 ・「時間」という不思議な概念の解釈:「時間とは生きるという…

RETURN TOP