カテゴリー:小説・童話・寓話

  1. 親友と 天上への旅 途中下車 星座の具象 4次元世界 <この本から得られること> ・天体の知識が豊富に散りばめられた、星々から空想される色鮮やかな詩的表現 ・仏教思想の隠喩と、キリスト教的な救済の…

  2. 平穏を 保つためだと 流されて 気づく頃には 監視の恐怖 <この本を読んで得られること> ・違和感を持ったとしても、その感覚を封印しようとする心理の傾向があることの認識 ・権威に対して自分の考えを声に出す…

  3. 取り戻す ”生きる”時間の 喜びを 劇場跡の 少女が駆ける <この本から得られること> ・心に余裕をなくした人間の愚かさ、すなわち現代人への風刺 ・「時間」という不思議な概念の解釈:「時間とは生きるという…

  4. 無垢の目に 映る星々 キツネとの 友情とおし 井戸を見つける <この本から得られること> ・表面的な物事に囚われている「大人」ではなく、「子ども」の心で分かる本当に大事なものが何か提示されている …

  5. <この本から得られること> ・(純粋にこの著書だけから言及できることではありませんが・・、)著者自身のブログや展示イベントの企画など、各種メディアを複合的に巻き込んだこの時代の最先端のマーケティング事例 ・細密に描きこま…

  6. <この本から得られること> ・クリスチャン(=著者の遠藤周作と主人公のロドリゴ)の信仰心の厚さを実感する。 ・報告書形式から始まり、途中から第3者視点での描写となる流れから、主人公に感情移入し、その時代の世界観にリアルに…

RETURN TOP